メンタル

ストレスを感じやすいフリーランス女子の特徴とストレス発散のポイント5つ

pairs2

フリーランスには何かと悩みがつきものです。仕事の悩み、人間関係の悩み、将来への不安…。挙げたらキリがありませんよね。しかし、せっかくフリーランスとして独立を実現したのであれば楽しくフリーランスライフを謳歌したいところ。そこで、今回はストレスを感じやすいフリーランス女子の特徴とストレス発散のポイントについて解説します。

CROSS ME(クロスミー)

ストレスにおける婚活への影響とは?

現代においてなかなか逃れることができない「ストレス」。実は、婚活に影響を及ぼしてしまう存在でもあります。

ストレスが溜まり続けていると精神的に不安定な状態になりやすかったり、「無気力」「倦怠感」などに襲われることがあります。その結果、婚活に積極的になれないまま時間だけが過ぎてしまい、いつの間にか婚期が過ぎていた…といった深刻な問題を抱えるはめになってしまいます。

そのため、フリーランス女子はストレスと向き合い、定期的にストレス発散することが大切なのです。

ストレスを感じやすいフリーランス女子の特徴

ここからはストレスを感じやすいフリーランス女子の特徴についてご紹介します。自分の性格や状況と照らし合わせながらチェックしていきましょう。

不安になりやすい

フリーランスには不安がつきものです。取引先が1件なくなってしまっただけでもドキドキしたり、現時点では安定して稼げているにもかかわらず将来のことを考えて不安になってしまう女子は多いのではないでしょうか。

楽天的に物事を考えすぎるのもあまり好ましいことではありませんが、かといって物事を深刻に捉えすぎるとストレスになってしまいます。

「もしも仕事がなくなったら…」「もしも病気になって仕事ができなくなったら…」など、常に不安を感じている女子は知らず知らずのうちにストレスをため込んでいることが多いです。

こうした余裕の無さは男性に不安感を与えることにもつながり、婚活が失敗してしまう原因でもあります。

妥協ができない

仕事をしていて「自分が満足できるクオリティに仕上げないと納得できない」という女子は多いです。確かにこうした意識は大切ですし、クライアントからの評価にもつながります。

しかし、クライアントから品質に関する指摘がないにも関わらず自ら積極的に修正の提案をしたり、やり直したりすることはありませんか?こうした完璧主義な女子や妥協ができない女子も常にストレスに追われていて、心休まる時間が少ない傾向にあります。

ちょっと気になることがあるとすぐに対応したくなる…という女子はちょっぴり休む時間を設ける必要があるかもしれません。

人見知り

1人で作業をすることが多いフリーランスですが、完全に1人で仕事が完結するわけではありません。クライアントとのやり取りが発生するだけでなく、条件や報酬の交渉、仕事内容の確認、など何かと人と接することが多いです。

さらに、クライアントと顔を合わせることが少ない分親しくなりにくく、顔を合わせるたびに緊張したり、不安を感じてしまう女子は多いのではないでしょうか。

人見知りにとって意外にもフリーランスという生活は過酷なものでもあります。会社員のように毎日同じ人と顔を合わせるわけではないため、いつまでも初対面のような感覚で人と接さなければなりません。

こうした人見知りの性格の女子は何かとストレスを感じやすいといえるでしょう。

責任感が強い

フリーランスとして活動するうえで必要なのは「責任感」です。一定の品質を保ち、納期までに仕上げることは当然です。しかし、フリーランス女子の中には、自分の納品物が影響する周囲の環境に対しても責任を感じてしまうことがあります。

例えば、ホームぺージ制作であれば特定のページへのアクセス数や検索順位など、自分が対応した分野外に対しても責任を感じてしまうことはありませんか?

「私の作ったホームぺージのデザインが悪かったからかも…」と必要以上に責任を感じてしまうと、大きなストレスとなってしまいますし、仕事をこなせばこなすほどストレスが増えるという最悪のサイクルになってしまう可能性があります

責任感の強さはフリーランスにとってとても大切なスキルといえますが、必要以上に責任を感じてしまうと常にストレスに晒される状況になってしまいます。

フリーランス女子がストレス発散するうえでのポイント

心身の健康のためにも、なるべくストレスを受けないことが理想ではありますが、フリーランスとして生活している以上は難しいのが現状です。そのため、ストレスを回避するのではなく「ストレスを発散すること」を重視して対策することをおすすめします

しかし、「ストレス発散になれば何でも良い」というわけではなく、心に良い影響を与えたり、体に負担の無いものを実践したりすることが大切です。

ここからはそんな「ストレス発散」をするうえでのポイントについてご紹介します。余裕のある心を持って婚活を進めるためにも、さっそく今日から意識してみましょう。

高頻度で行う

ストレス発散はたっぷり溜め込んでから一気に発散するよりも、こまめに発散するほうがおすすめです。例えば「週に一回ランチをしてストレス発散」ではなく「毎日のお風呂上がりのアイス」など、できるだけ毎日こまめにストレスが発散することが好ましいといえます。

ストレス発散の頻度が低いと数日~数週間ストレスを溜めっぱなしになってしまい、仕事のパフォーマンス低下や体調不良につながってしまいます。

自分の好きなことを毎日取り入れてみましょう。

依存しやすいことは避ける

ストレス発散の方法として「依存しやすいこと」は避けましょう。代表的な例でいえば「アルコール」が挙げられます。日本人女性は体質上アルコール依存症になりやすい傾向にあり、ストレス発散で飲み始めたものの、いつの間にか飲酒が習慣になってしまったというケースは少なくありません。

フリーランス女子の中には「仕事中も飲む」「お酒を優先してしまい仕事が進まない」などの支障が出ることもあります。

終わってから後悔することはしない

ストレス発散の方法の一つに「ものを壊す」というものが挙げられます。何を壊すかは人によって異なりますが、ストレス発散のために壊してから「どうしてこれを壊してしまったんだろう…」「大切なものを壊してしまった…」と後悔するような状況に陥ってしまっては返ってストレスになります。

ストレス発散のする前に終わった後のことを考え「本当に後悔しないか」をよく考えてから実行しましょう。

根本的な部分にも目を向ける

ストレスを感じるたびにストレス発散をする生活を継続するのではなく、そもそもストレスを感じてしまう根本的な部分に目を向け、改善を目指すことも大切です。

例えば、自分の性格が問題なのであれば考え方や習慣を変えてみたり、仕事相手への不満なのであれば新規の取引先を確保して問題の取引先とは契約を解除したりなど、ストレスを受けない環境づくりのために「根本的な問題の解消」を意識することも大切です。

睡眠を優先する

ストレスを感じやすいフリーランス女子の中には睡眠不足気味の方も多いのではないでしょうか。睡眠は身体だけでなく精神にも大きく影響する要素で、慢性的に睡眠不足になってしまうとさらにストレスを受けやすくなってしまうことがあります。

また、睡眠不足は肌荒れを引き起こすことにもつながり、女性としての魅力がダウンしてしまう可能性があります。これでは、男性からの印象が悪くなってしまうかもしれません。

そのため、睡眠時間の確保を最優先にする必要があります。

ストレス発散のために夜更かしをしていたり、そもそも夜更かしがストレス発散になるという女子は特に注意しましょう。

十分な睡眠時間を確保したうえでストレス発散をしたり、リラックスできる時間を設けたりしましょう。

まとめ

フリーランス女子の最大の敵ともいえる「ストレス」。会社員時代と比べてストレスが増えたという女子は多いのではないでしょうか。会社員の頃と比較すると自由な時間が増えたり、収入が増えたりといった利点は多いものの、会社員時代にはなかった不安や不満が増えてしまったという女子は少なくありません。

今回の記事ではそんなフリーランス女子のために「ストレスを感じやすい人の特徴」や「ストレス発散のポイント」についてご紹介しました。

ぜひ、今回の記事を参考にしながら自分と向き合い、ストレス発散方法を慎重に選んでみてください。そして、前向きに婚活ができるように気持ちを整えましょう。

ゼクシィ縁結び
pairs2